「林檎ブタ」「林檎和牛」などの新種を開発!

「林檎ブタ」「林檎和牛」

青森県十和田の養豚・養牛農家さん達と FOR ALL TOKYO のシェフなどが、 チーム「JAPAN KITCHEN」を結成!「林檎ブタ」「林檎和牛」などの新種を開発・飼育

お米 ・ 野菜 ・ 肉 ・ 魚、 青森はプロの料理人が好む食材の宝庫。 農家さんたちはとってもシャイで真面目。
派手な銘柄は少ないけれど、 「美味しい!」 とその先の安心・安全まで、 コツコツ、 コツコツ。 青森の食材の魅力を十和田から日本全国・世界のみなさんにお届けしたい。 そんな想いから結成したチームが 「JAPAN KITCHEN」 です。 そのチーム 「JAPANKITCHEN」 が青森県の名産でもあり、 ポリフェノールなどを豊富に含んでいることでも有名なリンゴを飼料の一部にして給与し豚 ・ 和牛を、 健康 ・ 安全 ・ 安心、 美味しく仕上げました。

豚肉中のコレステロールを“リンゴポリフェノール” がコントロール、だから健康・安心・安全、美味しい 林檎ブタ なんです

年間 47 万㌧、 日本一、 国内産の半分以上のリンゴ生産量を誇る青森県。
「1 日 1 個のリンゴは医者を遠ざける」と西洋の諺に代表されるようにリンゴは栄養価が高く、 多くのチカラが知られている果物です。 中でも、 リンゴに含まれる “リンゴポリフェノール” に驚くべきチカラが発見されました。
そのリンゴを、 仕上げ期には豚 ・ 和牛に1日1個分を飼料として給与しています。
リンゴがさしを変え、 良質な肉質に変化させています。

豚肉中コレステロールが減少!

リンゴのチカラを証明する興味深い研究論文が発表されています。 「食肉用豚の食餌にリンゴポリフェノールを配合することにより、 豚肉中コレステロールが減少することを示した。」
と発表されており、 また、 ラットへの経口投与での実験では、 「リンゴポリフェノールは、 血清及び肝臓中の過酸化脂質量、血中 LDL コレステロール、 肝臓内酸化コレステロールが減少することを示した。」 と発表されています。
出典:京都大学 神田 智正 博士「リンゴ由来ポリフェノール成分の特性に関する研究」論文

PAGE TOP